<   2006年 01月 ( 12 )   > この月の画像一覧

くるり / NIKKI

f0027308_20562795.jpg

タニ氏のピュア発言けっこう染みましたねぇ。

いきなりですが歴史的名盤の中でも時代の流れや背景やらをひっくるめて評価されてる作品って、リアルタイムじゃないからわかんねぇってなりませんか?それをわかる俺でありたい!と必死で理解しようとしたり。

このくるりのアルバムはその逆で、リアルタイムであるがゆえに最初は全く納得できませんでした。簡単に言えば、今までの作品や言動などから期待するのとは180度違った作品だったから。そうは言っても彼らの記事やインタビューを逐一チェックしてるわけじゃないんで、あくまで個人的なイメージなんですけど。

今でも手放しで絶賛するまでには至ってないんですが、とりあえず純粋に曲がいい。数年後には自分の中で↓のBOOちゃんみたく普遍的名盤になってるかもしれません。じゃあそのときに書けよって?でもなってないかもしれません、ようわからん。
[PR]
by cruezin | 2006-01-25 21:35 | NACKIN

the boo radleys / WAKE UP!

f0027308_23122248.jpg


なんか最近のUKロックってつまんなくないすか?!

一時期の日本のメロコア、青春パンクみたいなノリで、短距離専門みたいな。

事実、昨年はシングルは良くともアルバムとしては聞けない、もしくはジャケとかバンド名がダサすぎて聴く気にもなれない、て感じのバンドが個人的には多々存在してました。

こうした倦怠感を打破すべくバンドが何故だかこのお方達。

f0027308_2313413.jpg

パーティーの選曲してたら、久々目に止まりました。
今のUKシーンとは、まずこのルックスが根本的に違いますな。
でもこのアルバムは相当売れたみたいですね。

うなずけます。やっぱ名盤と言われるだけある。
これを聴いてたら、別に音楽作るのにメッセージ性とかいらねーよな、って思うわけです。
つまり、全てをピュアな気持ちで受け取らせてくれる曲がやっぱこうして長く聴けるんじゃないでしょうか。わかりにくいですか?

まあアーティストによって色んな聴き方、感じ方があるけど、このバンドの曲はサラッと聴けるし、ある意味じゃ元気付けられるといった表現の仕方が妥当でしょう。

みんなで大合唱してえな~
 
[PR]
by cruezin | 2006-01-24 23:16 | TANISHI

THE FUTUREHEADS / AREA

                    


FUTUREHEADS好きの多い(というか全員好きなのでは)クルー陣の間でも何故か話題に上らなかった気がするこの作品。何気に前回もかけましたが、忘れちゃあいないでしょうか?

実は次回のコンピにこれを入れたかったのに、僕が買ったのは7インチ盤だったからダメだったのさ・・・レコード音源をCDに記録できる手段はありますか?ありません。


1stアルバム以来の音源リリース。ちなみにシングルです。もちろんタイトルは『アエラ』ではありません。

ん~変わってねぇ!(褒め言葉)

元気いっぱいのイントロからこれまた元気なコーラスが炸裂。CDで聴いたらまた違うかもしれませんが、なんら期待も裏切ることなく普通にかっこいい新曲です。B面の2曲もなかなか良い。ポスターまで付いてたのが嬉しかったですね~


FUTUREHEADSを聴くと、今はなき『たけしの元気が出るTV』のオープニングテーマを連想してしまうのはもちろん僕だけでしょう。



THE FUTUREHEADSのHP
[PR]
by cruezin | 2006-01-20 01:55 | AKKUN

CLAP YOUR HANDS SAY YEAH / S.T

f0027308_1514257.jpg

あ~もうバンド名が最高ですね。人生おそらく初のバンド名買い。
ちょうどJUNIOR SENIORの新譜を良く聞いてた頃にamazonで見つけたもんで、勝手にそういう音を想像してたんですが違いました。でも結果オーライです。

知性が欠落したトム・ヨークみたいな声(失礼)とヘロヘロサウンド。全体的な感触はPAVEMENTあたりを彷彿とさせるんですが、曲単位で見るとけっこう摑みどころがないような。5曲目なんかを聴くとR.E.Mみたいな大マジバンドになるのでは?とも思わせるし、10曲目だけ別のスイッチが入ったかのように激名曲をかましてくれたり。

とりあえずこのアルバムだけでは評価しきれないポテンシャルを持ってるような気がします。次作以降大きく化けそうで、めちゃくちゃ楽しみなバンドです。


CLAP YOUR HANDS SAY YEAHレーベルオフィシャルサイト(日本語)
[PR]
by cruezin | 2006-01-14 15:06 | NACKIN

ついに!

"牛っ娘"が帰ってくるっ!!
[PR]
by cruezin | 2006-01-10 00:07 | AKKUN

M83 / Dead Cities, Red Seas & Lost Ghosts

f0027308_32339.gif


フランスのエレクトロシューゲイザーのユニットです。
M83というのはウミヘビ座にある渦巻き状の銀河のことなんだとか。

私がシューゲイザーにはまるきっかけになったのが彼らなんですが、単純に音が素敵です。
電子音の中にも生音っぽいのが入ってたり、子供の声がサンプリングされていたり・・。
基本はインストですが段々音が広がっていって、聴いてて飽きません。
いわゆるシューゲイザーの白昼夢っていうものとはまた少し違う気もしますが、電子音ならではの気持ち良い音や空気みたいなのがあると思います。

ジャケットも面白くて好きです。
このCDなんて子供、死んでるやん!って感じです。
他の作品のアートワークもなんかオシャレです。

あと今作は2枚組みでDISC1には収録されていないトラックやリミックス、ライブテイク、PVなんかも収録されていて結構楽しめます。

#2、3、5、10あたりがオススメです。

M83のHP(仏語、曲の試聴が出来ます)
[PR]
by cruezin | 2006-01-09 03:07 | MAYU

髭 / I Love Rockn' Roll

f0027308_2592763.jpg


やっぱり、愛してんだよ…


で、このというバンド、名前からしてイロモノなスメルがしますが、そんなことはない(はず)ですよ。上手いしね。よいですよ。タナ○ウも絶賛してましたし。

そのネーミングセンスもさることながら、曲名、歌詞がサイコー!(もちろん楽曲も)
2曲目ブラッディ・マリー、気をつけろ!「もう一回殺してくれ、来週~♪」もう大好きですね!3曲目"Comon, do it"この曲は前回のCRUeZiN'でかけたんですが、タナカさんに好評でしたよ!4曲目イギ・ポッープによろしく、6曲目魅惑の深海パーティー、10曲目王様はロバの言うとおりなどなど、???な曲名が満載!かと思えば、8曲目君のあふれる音なんて、泣けますし、なかなかニクい。でも、11曲目1mg「僕のおつむはほんの1mg♪」やっぱりバカなのか!?

2曲目ブラッディ・マリー、気をつけろ!のPV観ましたけど、もうホントおバカさん(笑)
でも、愛すべきバンド!オススメです。

髭(HiGE)のHP
PVはここから観れます
[PR]
by cruezin | 2006-01-08 02:57 | ISACTION

manual / azure vista

f0027308_192858.jpg

完全に忘れててベストから抜け落ちてましたが、じゃあジャケ大賞ということで。
その適当さがスカイマックス。

GUITARとはまた違ったタイプのエレクトロニカ世代のシューゲイザーといったところでしょうか。リヴァーヴのかかったリズム、ギター、シンセの音色の乱反射が気持ちいい。混沌の中へ一緒に溶けていくのではなく、あくまで上へ上へと昇りつめていくような高揚感。マイブラの轟音の向こう側をちょっとは覗けたような気が、と言ったら褒めすぎですね。
でもジャケの世界は見事に描かれてると思います。

実はコンピvol.13を作ってた頃ちょうど夏で、2曲目のsummer of freedomを入れたかったんですが、あまりの曲の長さに挫折しました。11分58秒!!


manualのHP
[PR]
by cruezin | 2006-01-06 02:12 | NACKIN

stars / Set Yourself on Fire

                 


去年良かったアルバムのひとつ。
聴いてて切なくなります。浮遊感漂うアルバム。スカイ・マックス。

シューゲイザー風のギターサウンドに乗せ、女性ボーカルが美しい3曲目"Ageless Beauty"は名曲ですよ。どことなく映画『ネバーエンディングストーリー』を連想してしまうのは僕だけでしょうか?そうですね、僕だけですね。

12曲目"Calendar Girl"など、聴いてて何度涙したことか(たぶんほんと)。



今、カナダが熱い(らしい)!

ちなみにブロークンソーシャルシーンはまだ聴いてないです。


STARSのHP
[PR]
by cruezin | 2006-01-06 01:08 | AKKUN

BENJAMIN DIAMOND / OUT OF MYSELF

f0027308_18291483.jpg

2005年の3大お気に入りギターポップアルバムはBRENDAN BENSON , WILLY WISELYそしてこのBENJAMIN DIAMOND

この人はもともとDAFT PUNK絡みで有名になった人で、前作はエレポップ路線でまさにどんなタッチ?フレンチタッチなアルバムだったわけです。それが今回はPOHENIXTAHITI80飛び越えて、「いまどきこんな全うなギターポップ恥ずかしくて誰もやらねーよ」な作品を届けてくれました。このストレートさは逆に新鮮で、やっぱギターポップ好きやわぁ、いや好きでよかった!と再確認。ニューオーダーばりのセンチメンタリズムもばっちりはまってます。

結局は名前負けしてないこの声がいいんでしょうね。赤面、胸キュン必至です!


主催レーベルDiamond TraxxのHP
[PR]
by cruezin | 2006-01-05 19:07 | NACKIN