<   2006年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧

STRAIGHTENER / Dear Deadman

f0027308_1849358.jpg

意外ですか?別に洋楽至上主義でもなんでもないので邦楽も色々聞きます。でもあんまり知る機会が無くて困ってます。あ、アジカンのアルバム最高!

だいたいクルージンでかかって好きになったアーティストを買って、そこから開拓していくパターンが多いです。ただ日本のバンドは歌詞がわかってしまうので、そこでちょっと退いてしまう部分があるのも事実ですが。内容がいい悪いとかじゃなくて、嫌でも何を唄ってるのかがわかってしまうのがなんか重いというか、しんどいときもある。メッセージとかアーティストのことをもっと知りたいって思えることってそうないですからね。だからブックレットは洋邦問わずあまり開かない派です。

このストレイテナーはKiller Tuneにやられてアルバム「TITLE」から聞いてます。最初は好きじゃなかったですね!どの曲も一本調子な(?)ヴォーカルでもって一つのカラーに持っていかれてしまうという。ポップになりきれないのもエモーショナルに振り切れないのも全てこのヴォーカルのせい!と最初は歯がゆかったんですが、聞いてるうちに慣れたのか逆にそれがいいんかな?とか思えるように。今やこの声、この3人じゃないと駄目です。

全10曲でコンパクト。そろそろ爆発を期待されてる立場を考えると愛想の無いアルバムですが、この堅実さこそが彼らなような気がして僕は好感持てました。それにしてもこのリズム隊2人のコンビネーションは鉄壁でしょ!このドライブ感抜群のベースは誰さん?と思ったら日向さん...ZAZEN BOYSにも参加していらしたんですね...。ほんと何も知らんな。

一番印象的な曲はRADIOHEADからSkaのビート、でも結果はエモ仕上な4曲目。一昔前のミクスチャーは意識的にこれ+これ=はい、これ!とはっきりしてたと思うんですが、今やストレートなロックバンドにおいてすら当たり前に消化される時代なんですね。今更ですがそんなことも思いました。

東芝EMIのアーティストページ
[PR]
by cruezin | 2006-03-22 20:36 | NACKIN

NIGHTMARES ON WAX / in a space outta sound

f0027308_21511976.jpg

UKクラブミュージックシーンきってのスモーキーサウンドマスターの新作!って知らなくてもこのジャケですから!HIP-HOPやソウル、ダブ / レゲエといった伝統のブラックミュージックを今のセンスで気持ちよく聞かせてくれます。シンプルで少ない音数でもっていかに気持ちいい隙間を作れるか、ブラックミュージックの醍醐味を考えたとき僕は結局そこにたどり着くんです。ロック以上にアーティスト自身の力量とかセンスが問われる誤魔化しが効かないジャンルじゃないかと。だから本物とエセの差が歴然としててある意味わかりやすい(選びやすい)。その逆はエレクトロニカですね!

ジャケ共々カラフルやった前作に比べてシンプルで全体的にチルアウト気分。ただ単に気持ちいいだけじゃなくて、とにかく低音がぶっとい!スモーキー度は俄然こっちです。昨日ダウンタウンDX観ながら、鈴木紗理奈の部屋で聞かせてやりてぇなぁとか勝手に思ってしまった(観て無い人はいいです)。よくわからんけど気になった人はアーティストHPで試聴してみてください。

NIGHTMARES ON WAXのHP
[PR]
by cruezin | 2006-03-17 23:05 | NACKIN

The Most Serene Republic / Underwater Cinematographer

f0027308_22344516.jpg


結構前に誰かさんも言ってましたが、カナダ、アツイですね。(今更ですんません)
ネクストBroken Social Snceneと言われる彼ら。
直訳したら「最ものどかな共和国」。
試聴したところ、久しぶりに鳥肌ものでした。
最近あんまりそういう人達って個人的に居なくて、寂しい思いをしてたのですが、やつらはキました!
某レコードショップによる同じ傾向のアーティストにBroken~、Death Cab For Cutie、Pinback 、Postal Serviceなどなどが挙げられていて、どれも好きな私としてはテンション上がりました。
ノイジーさの中にメランコリックさと優しさがあって、聴きながら泣きそうでした。笑
のどか・・なのかどうかは聴いた人にお任せします。
ボーカルの男性の声も良いんですが、ボーカル兼ギターの女の人の声がすごく良かったです。
これからの季節にはうってつけの一枚かと。
ジャケットも可愛いですね。

今回日本盤が出るまで彼らの存在を全く知らなかったんですが、昨年8月には輸入盤にてデビューしていたようで、私のアンテナって鈍いなぁとつくづく思いますー。


Most Serene RepublicのOfficial Site
[PR]
by cruezin | 2006-03-15 22:58 | MAYU

INFADELS / We Are Not The Infadels

f0027308_2330052.jpg

f0027308_23135466.jpg




このUK electro disco rockバンド結構前にAKKUNに読み方を聞いたんですが忘れてしまい紹介しておきながら未だに読み方がわからないんです。CRUeZiN'#16 でシングルJagger '67をAKKUNもかけ,かぶってしまったんですが,今度のCRUeZiN'#18ではアルバムがようやく出たということで二曲くらい使いそうです。
レーベルはROYKSOPP,DIEFENBACHを擁する「WALL OF SOUND」からリリースです。
音はというと結構分厚く,ダンサブルで俺好みな感じです。グルーヴ感もあってフロアで盛り上がりそう。あとシングル「Can't Get Enought」は仲真史という方が2004年発売のMIX CDに使ってるみたいです。早い!



infadels
[PR]
by cruezin | 2006-03-07 23:34 | MANDAM

NATIONAL TRUST / Kings & Queens

                 

いよいよ今週土曜に迫ってまいりましたCRUeZiN' #18。
その予告編と言いますか、あえて断っておきますが、次のクルージンでコレかけます。でもMANDAM君あたりとまたかぶりそうだ・・・

たった一回視聴しただけで即購入!そりゃそうだ、"electro disco"なんだもん(笑)

1stアルバムは普通のギターポップだったらしい。何があったか知らないが、この2ndで急に80's disco/house/R&Bなバンドに変身したというこのNATIONAL TRUSTのプロフィールに一切興味ナッシング!聴いて"良い"と思えればそれでオーケー。Q and not Uみたいなファルセット・ボイスに小気味良いリズムギター。ホーンセクション。パーカッション。ユルいのあり、踊れるナンバーあり、かと思えば、たまにラップなんか入っちゃったり。コレがいわゆる80's disco/house/R&Bっていうんだね!おじさん知らなかったよ。

ジャケットダサし!良い意味か悪い意味かはさておき。
でも、ピンク色のジャケットに結構当たりが多いのは気のせいか?

うん、気のせいだ。今数えたら3枚くらいしかなかった(笑)


レーベルTHRILL JOCKEYのHP
[PR]
by cruezin | 2006-03-06 01:58 | AKKUN

Le Volume Courbe / I Killed My Best Friend

f0027308_21331614.jpg

ジャケとタイトル込みで魅かれませんか?別にAKKUN,MAYUと続けて女性シンガーソングライターを挙げたからってわけじゃありません(笑)

Hope Sandoval(Mazzy Star)やKevin Shields(My Bloody Valentine)が参加してるというので購入に踏み切りました。アーティストHPも見つけられないしレーベルHPもcoming soon状態で情報が少なく、わかってるのはイギリス在住のフランス人てことくらいです。

Kevin Shieldsはギターとソングライティングで3曲クレジットされてますが、どれもジャカジャカアコギ。でもこれがいいんだな。簡単に言えばやる気ゼロのフォーク、それに不協和音と風味はフレンチ仕立て。ちなみにアンニュイはフランス語です。舌足らずと言うよりはちゃんと声出してないだけ。聞き取った感じ大半は英語ですが、フランスの低予算短編映画のバックとかで流れてそう、というか下手なサントラより統一感あります。なんせ13曲30分弱ですからあっと言う間に聴き終わり、え?って感じでまたリピート。最初っから味なんてついてなかったガムをいつまでも噛み続けてしまうような敗北感もまたよし。あんたの無感情の勝利!と言いたい。
[PR]
by cruezin | 2006-03-04 23:52 | NACKIN

GEMMA HAYES

f0027308_2057982.jpgf0027308_20572396.jpg










別にAKKUNが女性シンガーソングライターを挙げたからじゃないんですが、一時期飽きもせずずっとこの2枚ばかり聴いてました。
クルージンでもかけたり、コンピに入れたりもしました。
今でもよく聴いてます。
両アルバムともオススメです。

アイルランド出身のシンガーソングライターで、デビュー作になる「Night On My Side」(左)には、プロデュースにジェマ・ヘイズ自身とデイブ・フリッドマン(マーキュリー・レヴ、フレイミング・リップスなど)が参加してるんですね。
始めはデイブ・フリッドマンだっていうので買ってみたんですが、大当たりでした。
このアルバムは、タイトル通り、ほんとに夜が似合うアルバムだと思います。
彼女の柔らかくて優しくて、でも芯のある歌声は癖になります。
同じ女性としてすごく尊敬しますね。
声だけじゃなくて、彼女の弾くギターの音や曲中に使われてる楽器の音がどれも気持ちいいです。

それから、買うのが遅くなってしまって、05年の10枚に入れ損ねた2nd 「The Roads Don't Love You」(右)ですが、前作よりも明るめで、日差しの柔らかな日とか、まったりしたい時に聴きたい一枚です。
もちろん雨の日や夜の静かな時にも似合うと思います。
プロデューサーは変わってしまって、どうなんだろうと思ったんですが、彼女のセンスは健在で、買って良かったと思いました。


GEMMA HAYES official site
[PR]
by cruezin | 2006-03-01 21:29 | MAYU