<   2006年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

GLAXO BABIES / Dreams Interrupted

f0027308_2142654.jpg



ベスト盤、アンソロジーだそうです。

MAXIMUM JOY,THE POP GROUPの前身バンドということで、ポスト・パンクかつ若干ファンクなバンドです。ヤバイです。1曲目はJOY DIVISIONみたいだ。とりあえず14曲目は必聴です。なんてったって、"Maximum Sexual Joy"という最高な曲名なんですもの!もちろん曲も最高にファンキーです。これか、バンド名の由来は。



レーベルHeartbeat RecordsのHP
[PR]
by cruezin | 2006-08-29 22:10 | AKKUN

THE VIVIANS / Foxtrots



どうせ今日も更新されてねえだろと思いながらもこのページへアクセスしてきたあなたは幸運です。たった今僕の手によって最高のディスクがレコメンドされようとしているからです(笑)

去年の冬にこのVIVANSの7インチレコードを購入したときは、彼らのことをてっきり日本人と思っていましたが、全然違いました。『東京在住のイギリス人』でした。当時は「確かひとり外人が混じってる」ぐらいにしか思っておらず、「東京を拠点に活動~」云々の2~3行の紹介を見ただけで「これは日本人バンド(邦楽)」と勘違いしたまま購入して聴いていたので、「へえ、日本人離れしたセンスだ」と感心しておりましたが・・・何のことはない、この人等、全員日本人ではなかったのです(笑)

じゃあこれはある意味"UKロック"と言ってもあながち間違いでもないでしょうか。まあこんなカテゴライズは不要ですが、やっている音楽はフランツ・フェルディナンド、ザ・クリブス、ブロック・パーティ、レーザーライトあたりと比較されるようなポスト・パンク気味のガレージ・ロックです。

僕は今現在、addicted to 80's disco / funkなので、この手のサウンドには飽きてるんですが(あ、でもRAZORLIGHTはお気に入りです)、聴いてみるとなかなか味わいがあって良いバンドだと思います。が、正直、上に挙げたUKバンドのようなアクの強さは決してなく、かと言ってテクがあるわけでもなく。

シンプルな音作り。素朴なメロディーライン。それ以外必要ないのでは。
そう思わせるようなVIVIANSの音楽。まあ一応ポスト・パンク風ではあるが。ライナーノーツにもこう書かれてあります。

【ポール(このバンドの中心人物)がアルバム製作にあたって、もっとも気にしたことはリスナーとの距離であった。家の中や車の中、公園やダンスフロア、どこでも気軽に聴ける音楽を目指し、どの曲も過剰に作り込まないよう心掛けた】

日常生活のBGMとしての音楽。

JAMES CHANCEは毎日聴いてられませんが、THE VIVIANSは一日中聴けます。




THE VIVIANSのHP
[PR]
by cruezin | 2006-08-08 01:48 | AKKUN