<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

CSS / Cansei de Ser Sexy

f0027308_18512580.jpg


ルシャス・ジャクソンもチックス・オン・スピードも通過したギャルバンド来ましたよ!しかもブラジル+さえないドラム男付き。

Meeting Paris Hiltonをはじめビッチなタイトル目白押し。

曲も踊れるALALAからオル棚Off The Hookまで、全て女子部的なポップさでまとめあげられてて聴きやすい。

ローファイな掛け合いとかコーラスが個人的にツボです。


http://profile.myspace.com/index.cfm?fuseaction=user.viewprofile&friendID=28256058
[PR]
by cruezin | 2006-11-30 12:35 | NACKIN

THE HOLLOWAYS / So This Is Great Britain?

f0027308_18573828.jpg


いつぞやのインディロックの名盤か?みたいなジャケとタイトルからしていいっすね。

今年は一部ではテムズビートな年だったみたいだが、いまいちのりきれてない。
ラリキンとかミステリージェッツは入るんでしょうか?把握できてません。

ブリティッシュトラッドて言うんでしょうか?伝統的な楽しい楽器を交えて高速でジャカジャカと。
ホロウェイズもいわゆるテムズビートの括りで、名曲な2曲目でもわかるように、陽気でハンドクラップあり~の軽快なリズミ~の。

でも良く聴くと、ツインギター鳴りっぱなし!そこまで弾くか?ってくらいカッティングやらフレーズが鳴ってて、しまいにゃどっちがリードなんかもわからんようになる曲も。

もちろん美しいハーモニーとかじゃないんですが、荒っぽさが魅力なインディギターバンドっすよ。

おそらくそこにプラスαを感じて気に入ったんだと思います。
[PR]
by cruezin | 2006-11-30 12:00 | NACKIN

新ブログのお知らせ

http://cruezin.jugem.jp/
[PR]
by cruezin | 2006-11-15 11:20 | 2006 review

THOM YORKE / The Eraser

f0027308_10582611.jpg

消しゴムだけに、キャンパスいっばいに描かれた過剰な期待や先入観を、なだめるように優しく消していくような作品。

もちろん最後に出来上がった真っ白なキャンパスに描かれるのは、次なるレディオヘッド作品!とかやったら出来過ぎですね。

とりあえず声に酔いしれてます。
[PR]
by cruezin | 2006-11-14 14:42 | NACKIN

FOUR TET / REMIXES

f0027308_1273051.jpg


2年ほど前のクルージンコンピ赤盤に収録のBADLY DRAWN BOY / Something To Talk AboutのFOUR TET remixにやられた方、買いです!

惜しくもその曲は入ってませんが、彼の素晴らしいリミックスワークを収めた盤と逆にされちゃった盤の2枚組。

足下一面ガラスが散りばめらた幻想的な世界を彷徨っているかのような独特の視覚効果。これはRADIOHEADやBLOCKPARTY、BETH ORTONといったヴォーカル入りナンバーでの仕事で一層際立ってます。

原曲の輝きを遥か闇に葬り去ってしまったり、切り取られてネタの一部としか機能してない悲しいリミックスも少なくない中で、彼の原曲を壊さずに装飾する仕事っぷりは、月並みだが素晴らしい!の一言。

もちろんされちゃった盤も聴きごたえあり。類は友を呼ぶようです。


http://www.myspace.com/fourtetkieranhebden
[PR]
by cruezin | 2006-11-10 18:20 | NACKIN