<   2007年 02月 ( 1 )   > この月の画像一覧

apb / Something To Believe In -20th anniversary edition-

f0027308_18484590.jpg



こいつら、誰?
適当に試聴して買ったんですが・・・

久々"大当たり"なバンドに遭遇。
この1枚さえあれば、キュベックもファイブオクロックヒーローズもクラクソンズも要りません。

79年にスコットランドで結成され、89年に解散したというこのapb(何の略称かは知らない)という名のグループ。当時は大して(というか全然)売れず、日本でも全く話題にならなかったらしいのですが、最近になって彼らの1stアルバムである"Something To Believe In"が、初の国内盤としてライブ音源や未公開曲を収録したボーナスディスク付きでリイシューされたとのことです。

GANG OF FOUR、TALKING HEADS、XTCなどのnew wave/post punk的な質感にファンクを加えたサウンドアプローチなんですが、特にぶっ飛んだのは、ボーナスディスク(disc2)。

ライブ音源では特にバンド感が際立ち(ミッシェルっぽい印象も)、スタジオテイクよりも更にバキバキうねるチョッパー/スラップベースに、鋭角的なギター、ダンサブルなドラム。
スキルもグルーヴ感も最高であり、全てのさじ加減が僕のストライクゾーンど真ん中です。

特にM-6"Shoot You Down"のライブテイクは、マイ・アンセムである"Stretch"(MAXIMUM JOY)のグルーヴをもある意味超えた気がします。
特にベースプレイについては他の曲においても120点のものばかりなので、ベースをやっている人にも是非聴いて欲しいと思います。


某航空レコード店でお求めください。



apbのmyspaceプロフィール
[PR]
by cruezin | 2007-02-23 18:53 | AKKUN